message.gif

病気治療の新しい概念

  1. 何かを(薬など)飲んで病気を治そうとする考えが90%以上
  2. 皮膚病が他人に移るということは全く違っている。
  3. 病気が他人に移るということも99%ありません。
  4. すべての病気はすべて患者本人の体内に存在している。
  5. すべての病因はほとんど口から入り、患者の体内に潜んでいるわけです。
  6. AIDSは他人に移りません。SARSも他人に移らないのです。
  7. 鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、魚インフルエンザ、 牛インフルエンザ(狂牛病)なども他人には移りません。
  8. 漢方薬、化学薬品を含め、薬を飲んで患者の病気を改善するものは何種類もありません。


■効果があると思われるもの

  1. 解熱薬(漢方、化学薬品には関係なし)
  2. 下痢止め        ―- 少々効き目あり
  3. 消化不良、胃もたれ  ―- 少々効き目あり
  4. 便秘薬など       ―- 90%効き目あり
  5. 利尿薬         ―- 何種類もあり、効果あり
  6. 咳止め         ―- 効果は20%、長くなると効果なし
  7. 痒み止め        ―- 効果なしと言ってよい
  8. 抗癌剤         ―- 効果なしと言ってよい
  9. 抗アレルギー剤    ―- 効果なしと言ってよい
  10. 降圧剤         ―- 一時的には効果があるが、最終的には無し
  11. 止血剤         ―- 名前だけ。効果は無し
  12. 強壮剤         ―- 効果もある。しかし人間はそれを必要とせず
  13. 頭痛薬         ―- 一時的に効果もあるが、返って病気は悪化
  14. 鎮痛剤         ―- 気休め、効果があるように思うだけ。副作用有
  15. 生活習慣病      ―- すべて効果なし。医師のゲーム。効き目なし。
  16. 肩こり、腰痛、胸痛  ―― 薬なし
  17. 神経系統        ―- すべて薬なし
  18. 呼吸器系         ―- すべて薬なし
  19. 関節炎、リュウマチ  ―― ステロイド、ホルモン剤だけ。しかし一時的に押さえて最終的には悪くなる
  20. 精神科領域      ―- すべて一時的に抑えるだけ。最終的に効果なし。悪化するか一生飲むか。
  21. 皮膚病領域      ―- すべて薬なし、しかも副作用大。悪化するだけ。

fig_135.gif