message.gif

ニキビ関連

Q:20代女性
頬のニキビがなおりません。
いろいろな皮膚科にいってみたものの、
毎回同じ塗り薬をだされ使っているもののまったくよくなりません。それどころか酷くなばかりです。
皮膚科でだされたビタミン剤と塗り薬ディフェリンゲルとクリンダマイシンリン酸エステルゲルを使っています。
カッピングをするといいと口コミでききました。予算はどれくらいをみたほうがいいですかね?


A:
ご相談の件ですが、どこの病院へ行っても結果は同じです。
化学薬品では治らないということです。現在ご使用の薬はすぐにお止めください。
是非当院での治療をお薦めしますのでご検討ください。
料金ですが、ホームページの料金表をご確認ください。

 


Q:
長年のニキビによる肌荒れに悩まされ、病院、エステ、化粧品を試してきたのですが、一行に改善されず2ヶ月前に脱保湿を始めました。
脱保湿に踏み切った経緯は、3年程前に油性ファンデーションとピアスが顔に触れて、顔全体が被れて、火傷状態になり 皮膚科のステロイドを使用。それから肌質が変わってしまって何をつけても合わない、被れるの繰り返しで嫌気がさしたからです。
今現在 脱保湿、洗顔しない。何もしないを始めて2ヶ月と12日目です。
顔が真っ赤でヒリヒリ 痒いです。3年半前にかぶれて
その時ステロイドの使用はトータル1年半ほどですが、その後2年位は皮膚科の亜鉛華軟膏をずっと使用していて、
自分の皮脂が出てきてない感じがします。極度に乾燥しています。医者にアトピーと言われたことはないですが、まるで、アトピー性皮膚炎みたいな状態になっています。所々、黄色い汁が出ていて、固まってバリバリになっています。
自己判断で、何もつけていません。
お風呂はシャワーで顔には水がかからないようにしています。
このまま、今の炎症状態を放置していて、改善していくのかとても不安です。
現在不妊治療をしているのですが、肌が落ち着くまで、お休みしようかと思っているのですが。
こちらで販売されているポロンポロンは、不妊治療中でも服用できますか?
不妊治療中は排卵誘発剤を服用します。これが、すごく肌荒れするのにも困っています。フェイスラインと首に膿をもったふきでものが沢山できるのです。
今の顔面火傷状態で何を信じて、選択していけばいいのか分かりません。
長文で失礼しました。お返事をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

A:
ご相談の件ですがすべて化学薬品の副作用ですね。
亜鉛華軟膏の使用も避けてください。
できましたら当院での治療をお薦めしますのでご検討下さるようお願い致します。
ポロンポロンはどなたが服用されても大丈夫ですので
お試しください。効果は人によって違います。
2〜3日であらわれる方もいらっしゃれば1カ月たってから出る方もおられるようです。
診察だけでもお受けになっては如何でしょうか。ご検討ください。

 


Q:
私は関西に住んでいるため、先生の治療院には通えないのですが、ニキビで悩んでおります。

高校時代にニキビが大量に発生し、20歳を超える頃には落ち着いたのですがにきび跡(クレーターや赤み)が残っています。現在38歳ですが、たまに化膿したようなニキビが口周りにできます。

そのため、先生のところのポロンポロンと三通茶を先日購入いたしました。
お通じがよくなり、今後お肌が回復してくることを期待しています。

今では発生することが少なくなったニキビと赤みのあるニキビ跡(赤ら顔に見えます)を改善するためには、ポロンポロンは何錠飲めばいいでしょうか?

また食生活もかなり改善していて野菜中心なのですが、肉類は1週間に1〜2回程度食べていますが、少なすぎるでしょうか?
皮膚病の人が食べてはいけない食べ物にしょうがが入っていましたが、にきびにもよくないのでしょうか?
冷え性なので、1年前からしょうがは毎日食べていました。 

A:
ポロンポロンの錠数は一日二回
一回につき10錠、食前に服用してください。
(お腹が空いているときのほうが吸収がいいので)
繊維質が多いのでお腹にひびくことがあります。
あまり下痢が続くようでしたら、錠数をご自分で減らして調整してください。
しょうがは沢山取らなければ特に問題はありませんが、量にもよりますね。
肉は1週間に1〜2回でよいかと思います。油の少ない所を召し上がってください。

 


Q:
4、5年前から、身体のできものがなおりません。
背中、お尻、上腕にポツポツと赤いできものができます。痒みもときどきあります。
皮膚科では蕁麻疹、虫さされ、ニキビ、湿疹などいわれ、ステロイドの塗り薬とアレルギー止めの内服薬を頂きますが塗ると悪化します。どうしたらいいのでしょうか?


A:
ご相談の件ですがまず抗アレルギーや軟膏は直ぐにお止めください。
お食事も肉、魚は控えめに野菜中心の食事に心がけてください。
出来るだけ是非当院での治療をお薦め致しますのでご検討ください。