message.gif

Body Rush Syndrome

体内渋滞症候群.JPG

   身体は、成長とともに骨格、内臓組織、筋肉、神経、血管、流れの通路などすべてが大きくなり、膨張していきます。ある程度の年齢、大体男で25歳、女は子を産むまで、くらいになったら、成長は止まります。
   その成長期を過ぎたら、そのかわりに蛋白質、脂肪、雑物、病原菌、ウィルスなどが身体の中に停滞し、充満する。あらゆる蛋白質が体内に充満すると、徐徐に詰まるようになります。その詰まりは、すべてを渋滞させ、同じように残存させるのです。
   渋滞する原因はやはり、毎日の三度の食事やいろんな食品を体内に入れるので、どうしても年とともに体中に詰まるようになり、蓄積となる。流れが悪くなる。事故を起こしやすくなるのです。
体内臓器は故障しやすくなり、いわゆる溜まるからです。長い間溜まると、その蛋白脂肪が突然変異、細胞を破壊してしまう。臓器が壊れてしまう。

    これらはすべての病気につながります。
    その病気になる原因は


    @圧迫 A詰まる B流通困難C神経が圧迫されて痛みが生じる。
    C動きが鈍くなる Dすべての血管が硬化してしまう。
    E神経が圧迫されて痛みが生じる
    F溜まりすぎて、悪い蛋白、細菌、繁殖する。


    だから、いろんな病気が生じるのです。

    これらの渋滞を解消すれば、すべてそれを原因とされた病気は、クリアとなります。治してしまう。
    生きているうちには、大体局所の渋滞が多いです。だから、局所の病気が発生します。もしも全身に渋滞、充満、びっしり詰まった時は、全身性病気になります。エボラ熱、新型インフルエンザ、H5N8、膠原病などです。