message.gif

蔡先生の「NAT針療法」

The New technics of remove capillary and connective tissues thrombosis and virus ,

we call it [New Acupuncture Therapy]         

すなわち「NAT針療法」

蔡式針灸療法は、中国5000年の陰陽五行方式の針灸とは異なり、

実際の現代医学神経解剖学に従って考案された蔡博士オリジナルの鍼灸療法です。

蔡式針灸療法は単なる免疫機能を上げるだけでなく、実際の症状

  炎症 疲労 発炎

深層部、浅層部から即刻取り去る技術でもあります。

世界で初めて中国針灸を改良し、臨床医療において即応用でき、

速攻効果のある治療法なのです。まさに5000年を経て改良が実現しました。

疲労症候群、疼痛症候群の打手王だ!

蔡先生のNAT針療法はに二種類がある

hari.jpg蔡式鍼灸療法

1本針の効果:中国5000年前の陰陽五行穴針灸とは全く違ったものです。

@1本針の周囲に波及する灸加熱効果:大体4〜5cm前後の神経を活性化する。

 

A1本針の深浅による神経脂肪蛋白塊を打撃し、加熱によって焼化する効果:快眠、軽さを自覚する。1本針でも十分に病気を治す力がある。神経脂肪蛋白塊を破壊する効果。神経への圧迫を無くし、痛み痒み因子を分散させる。

  

蔡式汚血療法kenkou.jpg

蔡式汚血療法とは、中国の吸角療法を徹底的に研究しさらに補足、強化、改良し、実際の医療現場において、即実践でき効果がでる治療方法です。DrTSAIはすでに30年間で10万人以上の臨床と実績を持っています。その多くは難病患者であり、アトピー性皮膚炎、乾癬などの皮膚病、疲労性症候群、痛み、痒みなどの病態を確実に治療できるようになったのです。世界で初めて体内の結合組織の中の汚血を取ることに成功し、一切の化学薬品を使わず、副作用もなく、95%以上の病気を治すことができる治療方法です。

まさにスーパー若返り術!!

針を刺し、吸引カップを真空にして吸い取る

蔡式汚血療法は、0.01mmの針で表皮を約300刺鍼してから、真空カップで、体表体内ですでに融解した血、Virus,毒素、血栓などを体外に吸い出す。この体内結合組織内の汚血、悪因子を除去する方法は、DrTSAIが世界で初めて考えだした方法です。悪因子を除去することで体の回復力と体内細胞の活性化を加速させ、神経への圧迫を無くします。これは免疫力の回復向上の基本です。 

 welcome.jpg

全日本では皮膚病を治せるのは

東京の蔡内科クリニックだけです。

 30年の歴史、10万人以上の臨床結果があります。これは本物です。

 アトピーを含めて皮膚病の治療には

蔡先生が発明した汚血をとる方法にしか効き目がないことが全日本、全世界に段々とわかり始めました。

 

 東京の蔡内科クリニックで、治療できるものは何ですか? 

まず、東京大学、慶応大学、千葉大学病院に何ヶ月行っても治れない患者なら、蔡内科クリニックに来たら、大体90%が素早く治せるのです。

@今までわけがわからない痛み、しびれ、脳梗塞ではない跛足なら、蔡内科クリニックでは素早く治すのです。

A痒み、長期大学病院に通ってもなかなかパッとしない皮膚病、あるいは病院に通ってもますます悪化してしまうのが、蔡内科クリニックに適応するので、これも蔡内科クリニックでは根本的に治すと思います。

B不明熱、熱中症の予防、花粉症の治療と予防、心臓発作の予防、脳梗塞の予防、生活習慣病の治療、いずれ蔡内科クリニックでは素早く治すはずです。

早めに相談したら、早めによくなります。

 

NEW 新規サイト公開

次項有癌治療専門サイト

  蔡内科クリニックは30年臨床実績から癌の治療法を確立しました。

次項有睡眠障害専門サイト

  蔡内科クリニックは蔡博士独自の治療法で睡眠障害を克服しました。

 

新着情報

NEW2016/6/22

Doctor's LABO に蔡院長が紹介されました。下記のリンクをクリックしてください。

http://jaas-labo.com/interview/3831.html

 

NEW2016/4/15

月刊「健康と医療」 平成28年3月25日(金曜日)に 蔡内科皮膚科クリニックの記事が載っていました。(下記の画像をクリックすると、大きい画像が表示されます)

20160325月刊「健康と医療」.jpg

NEW2016/4/2

耳に障害がある患者様からのはがきです。

はがき03.jpgはがき02.jpgはがき01.jpg

 

 

 

 

「宝島」10月号 蔡院長の記事が出ました。

カリスマ医師が断言する。「現代人に効く薬はない!」 ぜひ、ご購読ください。

記事201509.jpg

「戦略経営者」6月号 当院の記事が出ました

「アレルギー疾患を予防するには」 蔡先生がご説明致します。ぜひ、ご購読ください。

表紙.JPG記事.JPG

 

2015/5/13 咽頭癌患者様の「生の声」

咽頭癌1.JPG

咽頭癌2.JPG

咽頭癌3.JPG

2015/4/30 駐日ベナン共和国大使 ゾマホン氏 からお手紙を頂きました。

zomaho.jpgwriter.jpg 

2015/3/28 コスメセレクト術No1.宮下藍さん(「キレイ」の調合師Ai)のブログで

蔡内科皮膚科クリニックが紹介されました。

ぜひ、ご覧ください。

http://no1romance.com/blog/819

http://no1romance.com/blog/955

 

2015年2月6日(5日発行)夕刊フジ 蔡先生の記事が出ました!

   「自然治癒力の高い体の作り方」⇓ 

夕刊フジ20150206.JPG

 

2015/1/22 「週刊女性」の2月3日号に当院の記事が出ました

「病気は薬を飲まずに治す!」蔡院長は本当の健康の作り方を教えます。ぜひ、お読みになってください。

 週刊女性01.jpg週刊女性02.jpg 

2015/1/14 蔡院長はラジオNIKKEIの取材を受けました

 すぐ聞く!オンデマンド 次項有http://www.radionikkei.jp/medical_journal/post_93.html

1421220013812.jpg1421220024791.jpg

 1421224166627.jpg1421224169710.jpg

MY NAME カンインスさん

インス.jpg

 

新書出版 「病気は薬では治らない」 

  体内渋滞症候群から身を守るには?

  「本当に病気を治す」たったひとつの方法

  「薬を出すことしか考えない医師がいます」

新刊ー病気は薬では治らない.JPG

 

2014/8/30

当院の「NAT針療法」は東スポ(2014/8/28)に紹介されました。

news.jpg

2014/7/25

当院の治療はWebマガジン『週刊がん〜』に紹介されました。

http://www.gekkan-gan.co.jp/index.htm#345

 

2014/7/12

2014年7月11日夕刊フジに蔡院長は紹介されました。

「おけつを排出して病を改善」 

夕刊フジ記事.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

2014年4月1日より消費税8%改定のお知らせ

 皆さまには、いつもご愛顧いただきありがとうございます。消費税8%に伴い、価格の変更をさせていただくことになります。下記の価格表をご参考ください。常用、常飲されていただいている方々には、お早めにお買い求めいただけることをお勧めいたします。

価格表(PDF)

 

2014/1/9

 蔡博士新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。
 年末年始は、台北、北京、上海と回遊してまいりました。昨年は新境地、ウルムチ、新疆まで行くこともできました。なんとある占い師に、「崑崙山に行って休みなさい」と、数年前に言われ、しかし、なかなか時間の余裕がなく行けなかったのです。
 しかし、いつものごとく、私の行くところ全て、患者が待っている状態でした。そのアポイントがないのに、予想もしていないのに、行くところで悩んでいる患者たちに会ってしまうのです。世の中には星の数ほどたくさんの病気が、まだ治っていないのです。
 私の臨床実績40年からみると、それら治らない病気の50%以上は、病院から処方されている化学薬品と医師による誤診でした。
 私のNAT針療法、メディカルカッピングは、一切の化学薬品は使わず、副作用もなく99%の病気が良くなっています。以前に1度のみ治療したことのある北京患者、モンゴル患者などにも会いましたが、その1度の治療だけでも効果があり、発作が無くなったと喜ばれました。彼らは、是非彼らの母国でも、私の治療法を広めたいと真剣に企画し始めました。上海、ウルムチでは、新クリニック設置の場所も決まり、現在研修準備中です。モンゴル、北京は企画中です。
 私の信念である悩める世界の患者への医療改革を果たすために、今年は飛躍年と位置付け頑張る所存であります。
 皆さまの健康と御多幸を願っております。

蔡篤俊

2014年1月

 

2013/11/27

DrTSAI「NAT針療法」技術提携医院のご案内

杉原医院

休診日/日曜・祝祭日・水、土曜午後

〒662-0813兵庫県西宮市甲東園3−6−21

TEL:0798-57-5527  FAX:0798-57-5529

http://www.sugihara-clinic.jp/

 上記杉原医院にて、2013年12月9日(月)から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、是非訪問されることをお勧めいたします。

 杉原院長は経験豊富な優しい先生です。

 

2013/10/16

新書出版 「治療法さえ正しければ癌は治る」 

 人間は皆癌になるから、この本を絶対に読むべきです!ganbook.JPG

*人間は皆癌になる運命です。 

*どうして、人間最期は癌になる運命なのか。

*癌は長い間に育てられたものです。 

*癌は1日で作られたものではない。癌も1日では治りません。 

*化学療法剤と放射線は、正しい治療法ではない。 

*どうして現代医療の考えでは、癌は治らないのか。 

*癌と宣告されても、それは50%以上信用できません。

*どうして、癌を手術で切っても、なぜ2年以内に転移するのか。 

*現代医療では、病気さえ治せません。 

*癌を治すには、正しい知識と正しい治療法が必要。

*どのようにして、癌を防ぐか、癌に対処するか、この本にある。 

*30年の実績で、癌を治す治療指導要綱を確立しました。 

*癌患者の食事方法も明解に書いてあります。 

*21世紀は医療情報が氾濫する時代です。正しい知識を持てば、病気もならないし、癌もならないのです

2013/10/11

 癌治療が始まりました。

  臨床の集大成として、蔡先生の癌治療が始まりました。

  多くの臨床実績があり、多くの患者を救いました。

  早期の治療をお勧めします。

 

2013/6/5

98歳の読者からの推薦状

感謝状03.jpg

 

 

 

 

 

拝啓

長嶋 勘一 様

 

関東圏もいよいよ梅雨入りとなり、うっとうしい日々が続くと思いしや

夏日を思わされるような晴天の日が続いております。

この度は、私の新刊本に対して、ご丁寧なご感想文をいただき大変恐縮いたしております。また、貴殿からの賞賛、及びご推薦のお言葉をいただき嬉しく存じます。

 

私も、台湾中央警察大学の出身で、正義、真理を学び、それを基本として日本の医学部で勉強をしてまいりました。日本で開業してからはや40年になりますが、さまざまな患者を診てきました。特に私のもとへは、独自の治療をしているという噂があり、いろいろなクリニック、大学病院などに行っても治らなかった、または悪化した患者が訪れて来るようになりました。

 

昨今の医療をみても、メディアからの情報を聞いても、不真実が多く、医療をビジネスととらえているかのようなことが非常に多く感じられます。

私は、ずっと患者の臨床を通じてしか医療を開拓できないと、行動してきました。現代の間違った方向性へ走っている無駄な医療を是正するために、私はこれからも執筆をし、真実の医療を皆さんへ伝えていくことが使命と考えております。どうもありがとうございました。

 

貴殿の健康長寿と幸福をお祈りしております。お体にはくれぐれもご自愛ください。

敬具

                  2013年6月5日

                       医療法人社団 医鍼会

                          理事長 蔡 篤俊

 

2013/4/10

  SARS、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ概念と根本療法

発病主因:患者体内の肺部に大量のウィルス、N1H1、N1H5、N7H9等の血が溜り、その毒素が発熱、

              咳込み、呼吸困難を引き起す。

考察: @ 体内には10億種類以上の蛋白質がある。N1H1、N1H5、N7H9などに対して、それぞれのワクチ

               ンを作っているが後手になっている。

           A ワクチンは発熱、咳込み、呼吸困難にまったく効果なし。

           B WHOが推奨したタミフルの原材料は漢方薬の八角が含まれている。しかし、中国の文献の中に

               八角が風邪に効くという記載はないので、信用してはいけない。若者はそれを飲むと、精神錯乱に

               なりやすい。

DrTSAIの治療方法:

             日本で30年間の臨床を経験した蔡博士は20年前に「NAT針療法」を確立した。

             そして「NAT針療法」で数十名のSARS患者を治癒した実績がある。

3回で熱が下がる       3-4回で咳込を止める      一週間で呼吸困難を解消newspaper.JPG

蔡博士の「NAT針療法」は2種類がある

             @ 蔡式針灸療法(呼吸困難に効く)

             A 蔡式汚血療法(ウィルス、発熱、咳込みに即効)

既に臨床20年間、治癒患者数10万以上

 

2013/2/27

【新書】あらゆる病気の原因は「お血」にある

お血を取り出す!誰もが若々しく健康になります。蔡式内外夾攻方式、NAT針療法をわかりやすくご説明致します。必ずお読みください。

 

2013/2/14

*メディカルカッピング療法*

~ Medical cupping Therapy~

 

全日本にはメディカルカッピング療法、Medical cupping Therapyと称して患者の治療を行っている医院がありますが、本当に患者の病態を治療できるのは、DrTSAIの蔡内科皮膚科クリニックです。

メディカルカッピングとメディカルの名前を使うといかにも病院らしいのですが、これを持って治療するには、長年の臨床と実績がなければできません。最近はこの治療法を軽くみて上辺だけを真似し、宣伝する業者がいますが、本当に困ることです。中途半端な技術で当院の技術を盗み真似し、患者をだますことは許されないことです。

見た目や横文字にだまされないように、皆さまにはくれぐれも注意されることをお願い申しあげます。

 

                2013年2月14日

 東京初台 蔡内科皮膚科クリニック

蔡クリニックの瀉血療法、蔡クリニックのメディカルカッピング

 東京都渋谷区初台の蔡内科皮膚科癌科クリニックの瀉血療法、カッピング療法は、蔡医師が30年前から研究し、開発した画期的な治療方法です。一般的な瀉血療法、メディカルカッピングとは、全く内容の違う奥の深い治療法なのです。これをNAT針療法とも言います。


 この治療法は、産婦人科的療法、皮膚科領域、癌センター領域、呼吸器官領域、循環器科領域、整形外科領域、精神科領域、感染症科領域、大腸癌、肝臓癌、子宮癌、卵巣癌領域などにも画期的な効果を促し治療できるのです。


 蔡クリニックの瀉血、カッピング療法では、一切の化学薬品を使いません。複雑な漢方処方も要りません。鳥インフルエンザ、SARS,新型インフルエンザも2週間以内に確実に治療できるのです。


 この効果は、すでに30年の臨床経験があり、全世界で一番の元祖の治療法です。当院の治療法を盗み、真似しているクリニックの存在は、誠に恥を知るべきことですが、この医療を広めることは人類のためになることです。しかし、真似して行なうことは危険でもあるし怖いことです。安全第一です。

 

book1.jpgbook2.jpg

 

*鳥インフルエンザの即効治療法*

2013年4月14日

  SARS、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ、N1H5、N1H1、N7H9、香港インフルエンザ、ロシアインフルエンザ、スペインインフルエンザ、メキシコインフルエンザ、イギリスのBSE、アメリカ狂牛病などは、一連のインフルエンザです。主な原因は肺部に沢山の汚血、ウィルス、N1H1、N1H9、N7H9等がたまっているからです。

  体内には、数億種類の蛋白質があります。この蛋白質が肺部にたくさん蓄積すると、発熱、咳込み、呼吸困難の症状が発生します。しかし現代病院の対処法といえば、抗生物質、ステロイド、ブドウ糖点滴、解熱剤、咳止剤などを使って、インフルエンザを治そうとしています。しかし、それは残念ながら、病気を治せないにもかかわらず、悪化させてしまいます。

  インフルエンザはCOPD症候群の一種であり、起因は、大量の養殖鳥肉、豚肉、牛肉、羊肉、魚肉、内臓、缶詰、カップラーメンなど人口的加工食品をたくさん食べたからです。このことから、インフルエンザは、空気、飲食感染ではありません。患者の肺部には、沢山のウィルスがすでに蓄積してしまっているのです。ある地域で5-8年一回に流行します。現代医療の治療方法は間違っているので、投与した化学薬品はウィルスに効かなくて、体内に残存し、膿に変わり、肺部に流れこんで、患者さんの死を加速させます。

  世界中には、飲食環境の悪いところが沢山あります。一番新鮮な肉や魚は上流社会にまわされるので、高官や富裕層の人は感染しません。貧困層の人がよくCOPD症候群に感染します。彼らは安い肉や魚、ハンバーガー、フライドチキン等を沢山たべたからです。貧困層の人は、安い肉をたくさん買い、暴飲暴食をするので、5年に1回インフルエンザが大流行します。そして、病院の点滴、抗生物質、ステロイド、ブドウ糖、解熱剤が患者の死を加速しました。メディアの風評被害、WHOの歪んだ知識は、さらに社会問題となるでしょう。

  DrTSAIは8年前のSARS流行期間、NAT針療法で数十名のSARS患者を3日間で完治した実績があります。患者さんの体内のウィルスを80-90%除去すれば、熱がすぐに下がり、咳も止まり、呼吸も楽になります。このNAT針療法で20年間臨床し、多くのCOPD症候群の患者を治癒しました。だから、ここで衛生部に報告致します。私は鳥インフルエンザ問題を解決できます。検査、点滴、手術、化学薬品は一切必要なし。2週間以内で完全に回復させます。しかも副作用はありません。これはDrTSAIの40年間の重大発見です。

  この理由で、DrTSAIは感染をまったく心配しません。2名の技術者をつれて、鳥インフルエンザの重症患者を治療できます。化学薬品を飲めば、飲むほど、病態は深刻になるのです。世の人々にそれを知らせることが使命と思う。

doctor001.gif

【あらゆる皮膚病】
アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、脂漏性皮膚炎、ニキビ、
水虫、湿疹、蕁麻疹、老人性掻痒症、ケロイド、薬疹、かゆみ、爪軟化症、陰部かゆみ、etc

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧、糖尿病、多発性関節炎、痛風、高脂血症、脂肪肝、生理痛、更年期障害、気管支喘息、慢性気管支、自律神経失調症、そううつ病、胸いらいら、怒りっぽい、こわばる、めまい、肩こり、こむら返し、しびれ、腰痛、座骨神経痛、頭痛、偏頭痛、咳き込み、高熱、弛緩熱、微熱、胸痛、狭心症、肝炎、膵臓癌、肺癌、鳥インフルエンザ、SARS、AIDS、胆のう炎、視力低下、飛蚊症、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、突発性難聴、赤ら顔、etc

【皮膚にお悩みの方々へご警告】
アトピー性皮膚炎、乾癬を含むニキビ、
蕁麻疹、水虫、脂漏性皮膚炎、掌蹠膿疱症などの
皮膚病は、すべて簡単に治せる病気なのです。


 十数年、難治性皮膚病患者を診てきましたが、結局、皮膚に一番悪いのは、 化学薬品の塗布剤、及び抗アレルギー剤などの処方薬でした。 私も日本の医学部を卒業した医師でありますが、医師として反省し、原因を 追及し、素直な気持ちで患者の治癒に貢献してきました。

 反省というのは、昔、いわゆる、保険で認められているとおりの治療法、処方薬を実態とは関係なく、 患者に投与してきたことです。いつまでも治らず、一時的には改善されたように見えますが、 その数年後は手がつけられないような状態で、あの患者の苦しみは想像を絶します。

 現在も、皮膚科学会、大病院は患者を説得してまで、軟膏などを塗らせています。 一生、化学薬品を飲ませ、塗布剤を使わせるのでしょうか、、、?人間本来の身体はそれらにより、 滅茶苦茶になっているのに、まだ気がつかないのでしょうか。。? 解かっているのに、利益の為、生活の為に患者を増やしているように見えます、、、。

Dr.Tsaiは、正見、正直に患者の治癒のみを考えてきました。
皮膚病は、化学薬品から離れ、Dr.Tsaiの指示通りにすれば、
必ず治ります。皮膚に異常を感じましたら、初めから蔡クリニックに
来てください。いろいろな臨床、ご説明いたします

病気治療の新しい概念

  1. 何かを(薬など)飲んで病気を治そうとする考えが90%以上
  2. 皮膚病が他人に移るということは全く違っている。
  3. 病気が他人に移るということも99%ありません。
  4. すべての病気はすべて患者本人の体内に存在している。
  5. すべての病因はほとんど口から入り、患者の体内に潜んでいるわけです。
  6. AIDSは他人に移りません。SARSも他人に移らないのです。
  7. 鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、魚インフルエンザ、 牛インフルエンザ(狂牛病)なども他人には移りません。
  8. 漢方薬、化学薬品を含め、薬を飲んで患者の病気を改善するものは何種類もありません。


■効果があると思われるもの

  1. 解熱薬(漢方、化学薬品には関係なし)
  2. 下痢止め        ―- 少々効き目あり
  3. 消化不良、胃もたれ  ―- 少々効き目あり
  4. 便秘薬など       ―- 90%効き目あり
  5. 利尿薬         ―- 何種類もあり、効果あり
  6. 咳止め         ―- 効果は20%、長くなると効果なし
  7. 痒み止め        ―- 効果なしと言ってよい
  8. 抗癌剤         ―- 効果なしと言ってよい
  9. 抗アレルギー剤    ―- 効果なしと言ってよい
  10. 降圧剤         ―- 一時的には効果があるが、最終的には無し
  11. 止血剤         ―- 名前だけ。効果は無し
  12. 強壮剤         ―- 効果もある。しかし人間はそれを必要とせず
  13. 頭痛薬         ―- 一時的に効果もあるが、返って病気は悪化
  14. 鎮痛剤         ―- 気休め、効果があるように思うだけ。副作用有
  15. 生活習慣病      ―- すべて効果なし。医師のゲーム。効き目なし。
  16. 肩こり、腰痛、胸痛  ―― 薬なし
  17. 神経系統        ―- すべて薬なし
  18. 呼吸器系         ―- すべて薬なし
  19. 関節炎、リュウマチ  ―― ステロイド、ホルモン剤だけ。しかし一時的に押さえて最終的には悪くなる
  20. 精神科領域      ―- すべて一時的に抑えるだけ。最終的に効果なし。悪化するか一生飲むか。
  21. 皮膚病領域      ―- すべて薬なし、しかも副作用大。悪化するだけ。

fig_135.gif