message.gif

肩こり、腰痛、背部痛、さまざまな痛み

※痛則不通、通則不痛※

中華民族8000年の知恵が、まさに現代の世界にも通じています。

永久に存在しているこの痛みは、この哲学でも解ります。

 

  現代医学での痛みに対しての考え方、治療法は、何千億元を使っても、この中国人先祖の8文字にかなわないでしょう。この8文字は何千億ドルに値します。すべての痛みは流れていないから発生します。すべて溜まっているものが、痛みの源です。この痛みの原因を取るには、蔡博士の血除去術が一番よいのではないか。肩こりと腰痛、背部痛は、大体80%の人間が持っています。

 

 

メカニズム

 

 

  人間は肩をぶら下げる、腰を下に置く、背部に臓器が集まるのです。肩こり、腰痛、背部痛はほとんどの人間に発生します。そのメカニズムは、油と蛋白がそのすき間のところに溜まるのです。ゆえにほとんどの人はそのすき間から痛みを発生します。痛みは圧迫によるものです。癌が大きくなり圧迫します。挫傷による分泌物が圧迫します。痛みのメカニズムは、圧迫と痛み蛋白因子によるのです。

 

 

 

 炎症.JPG

 

 痛みの病理.JPG

 

 

腰痛

 

 

 

  腰痛とは二本足で立っている人間なら、95%以上の人間にあります。そして、その腰痛の中には100種類の病気が隠されているのです。
  要するに100種類の病気の中には、必ずといってもよいくらい腰痛を起こすのです。大体内臓癌の人は100%腰痛があります。
  その他、同じ姿勢で長時間動かない人、乳製品や油の多い肉魚を食べすぎている人なども腰痛になります。腰椎間狭窄症やヘルニアも腰痛を発生します。

  一般人は通常マッサージや整体に通っていますが、それは一時的に楽になるだけです。こんなにいろいろな理由からなる腰痛ですが、現代の病院に行くと検査以外は鎮痛剤を出すくらいです。時間が経っても治らないのは当然で、その後手術に回すか、危険性のない索引治療、最後はモルヒネ、麻薬を与えることになります。

 

 

 

痛みの実態.JPG

頭痛

頭にあるすべての病はほとんど

 
汚血がたまりすぎて、圧迫によるものです


頭にある病の種類


1. 頭痛 頭全体を言っていること。だから、頭痛。


2. 緑内障、白内障 、老眼、視神経圧迫による視力低下


3. 花粉症、蓄膿症、鼻水、鼻づまり


4. 口腔内歯槽膿漏、口内炎、舌炎、咽喉癌


5. 耳の中耳炎、難聴、耳鳴り


6. 耳下腺炎、耳下腺腫瘍

 

 

以上のありとあらゆる頭に関している病と症状は、すべて頭の中にたまっている汚血の悪さです。

 

前も言ったように、汚血の種類は三つあります。


これらの汚血は、どうしても排泄できません。

 

 

あまりにも頭内にたまると、上記のような症状、病が発生するのです。


だから、常に頭の汚血をとれば、上記の病が予防と治療できるのです。

 


 脳内の汚血が長期に溜まりすぎると、その症状病気は、頭痛、視力低下、難聴、脳腫瘍、脳梗塞、認知症、痴呆症、耳鳴り、歯槽膿漏、舌炎、咽頭癌、蓄膿症、花粉症ともなる。


人間が生きていくうちには、必ず汚血がたまってくる。これが60年続くと老化の始まりです。

 

体の老化は、まず体の中に痛み発生、それから痒み発生、これらはすべての病気の始まりです。
だから、体内汚血と脳内汚血をとることによって、老化が遅れてくる。

 

認知症、痴呆症も遅れて発生する。もちろん脳梗塞の発生もなくなる。これこそ病気の予防になる。

人間が生きていくには、何を求めているのか。もちろん身外物の金、車、家、財産を求めているが、65歳以上になるともうこれらのものは身外物です。

 

唯一、ほしいものは健康。老化しない元気で100歳以上生きていきたい。


人生、生まれてきたのは一回だけ。もう2回目はないと思います。


だからその1回の人生を大事にするために、汚血を毎月とりつづけると、病気を改善し、予防する。それで老化も遅れる。これこそ若返りの決め手です。

頭まるごとの汚血をとれば、どのぐらい若返る

万病は、汚血の蓄積によるものです。

 

人間が生きていくうちに、誰でも生活のゴミ、生活の汚血がたまるのです。

 

生きていくには食べないといけない。食べる工夫も生活のために立てないといけないです。

 

大体毎日食べているものは1/3排泄される。1/3はエネルギーとして発生する。

 

1/3はいわゆる汚血、残血の残りです。この1/3の汚血が、大体体のすみずみまでに蓄積しているのです。

 

もちろん30年、50年の間にはたくさん汚血が溜まって、体を支えているのです。

 

しかし、溜まりすぎると、体の動きが鈍くなる。体の隅々まで蓄積しすぎると、1908年ロシアのノーベル受賞者の理論と同様で、「あらゆる病気の原因は、長期累積した汚血、毒血の爆発からなるのです。

 

だから、この蓄積した汚血はいかに体を老化させるか。頭の中に汚血が溜まりすぎると、50歳で視力が低下、かすみ、75歳になると認知症の発生、痴呆症の発生。

 

その他、頭に関係している鼻は、汚血により蓄膿症、花粉症、鼻づまり、耳の中に化学薬ステロイドの汚血が溜まると、聴覚神経が邪魔される。中耳炎、耳鳴り、難聴になる。

 

口腔内の口内炎、歯槽膿漏、歯噛み合い崩れるなど、舌炎、咽頭炎、咽頭癌、耳下腺癌、舌癌とも発生する。

 

だから、頭だけでも、何十種類の病が待っているのです。まず頭は、体の総司令部です。

 

この総司令部が怪しくなると、いくらよい生活にしても、支障が出るのは当たり前です。

 

だからいつも、私も頭の汚血を取り続けている。毎日1回は掃除しているのです。