message.gif

汚血とは

体内汚血が蓄積する順序は、体の芯から始まるのです

汚血が病気の発生源であることをほぼ論ずる必要はないと思うが、
汚血の種類と蓄積具合もはっきりわかりました。

 

三種類の汚血

@自然異性蛋白による汚血
A化学薬を飲みすぎてたまった汚血
B外科手術と食品添加物のプラスチック製剤による汚血です

 

汚血の蓄積順序

上の三種類の汚血とも、体に悪いと考えて間違いないです。

 

そして、この汚血は、始めは体の芯からたまりはじめるのです。

 

芯とは、もちろん体の奥、真ん中にあると思います。

 

例えば、骨からたまりはじまる。神経、血管の外にたまり始める。

 

それから、段々と溜まりが増えて、全身の皮膚まで、すみずみにたまってくるのです。

 

自然異物による汚血が、何十年もたまり続けたら、最後は老化しはじめる。

 

関節、背骨も曲がりつつあり、息切れ、呼吸困難、鼻づまり、それから炎症を起こす、花粉症になる。

 

蓄膿になる、老化の認知症にもなる。最後は、これこそ老化です。

 

その他、化学薬、プラスチックによる汚血も同じたまり方で、体の芯からたまりはじめ、それから表面の隅々まで溜まると、もう病気が爆発するのです。

 

炎症を起こす。痛みを生じる。痒みを生じる。それから、浮腫みはじめる。これらの症状は体を蝕むのです。それはすべての病気の原因です。

 

これは病気のメカニズムです。信用してよいのです。だから、化学薬とプラスチックを安易に飲むことはいけません。

 

汚血発生のメカニズムが解明できた

地球の生き物ほとんどに血液があるが、血液が見えないもの、イカ、タコ、アメーバ、クラゲですが、それなりに血液の代わりをしている液体があるのです。

 

この血液に汚血が溜まり、生き物すべての寿命が決められているのです。

 

人間の血液はすべて、動脈、静脈、毛細血管に存在しているのです。血液には、酸素といろんな栄養素が含まれており、生き物はこれで生きています。

 

人間の体が排泄できないそれらすべての廃物は、時間が経つとすべて汚血になるのです。この汚血は排泄できません。動脈の汚血は何をやってもとれません。

 

外科手術をするとき、メスで切るときには、少しはとれる。女性の月1回の生理もこの汚血の一部です。

 

蔡先生が発明したNAT針吸引療法でこの汚血を取り除きます。

 

この汚血が蓄積して取れないから、人間の寿命は一定である。

 

うまく汚血をとれば、寿命は延びるのです。

 

だから、女性の生理と同様に毎月1回はとりたいのです。


昔、ドイツの医師は、汚血をとるためには、手首の小さい静脈をすこし切り、ぼたぼたと落としていることがあったが、結局、静脈血も血液ですから、あの患者は死亡した。

 

蔡先生がとっている汚血は、すべて結合組織と毛細血管の間の汚血です。
だから、その汚血をとると、女性の生理と同様に命が延びるのです。

 


異性蛋白汚血のたまりがあなたの体を腐食するのです

人間生きているうちには生活のために、喜怒哀楽もあり、いろんな食品を食べている。そのためにどうしても生活のゴミ、異性蛋白がたまりはじめるのです。

 

大体、体がだるい、重いときにはもう異性蛋白汚血が溜まり始めているのです。


これらが体を腐食し始めるのです。それはいろんな病の発端です。

 

どうしても怖いのは、化学薬の乱用、外科手術のプラスチックの乱用、美容整形とも体を悪くするのです。

 

その典型的な症状は


@ 体重い、疲れ、胃腸具合悪い
A 体に炎症を発生、それで疲れ感じる
B 体に痛み発生する
C 体に痒み発生する
D 体に肥満とむくみ発生する


これらはすべて、化学薬汚血、プラスチック汚血、異性蛋白汚血の副作用です。