message.gif

手足のつっぱり

  人間の体のすべて骨筋の動きは、全部脳の指令によって、動く。
  脳の意思決定がなかったら、骨筋は動かないです。でも脳の指令なしで手足のつっぱりがあるなら、それは二つの原因あります。
  @ 脳神経細胞の損傷により、強制的に手足のつっぱりなり、この場合はいかなる治療とも薬治療とも効果がありません。唯一、脳の損傷している脳神経細胞を多少修復すれば、つっぱりが和らげる。この脳神経細胞の緩和、修復する方法は蔡クリニックのNAT針療法で脳神経細胞の緩和が働く。脳神経細胞の圧力に対して圧力がNAT針療法で軽減するだから、NAT針療法が現代の脳手術、薬投与よりも効果があります。
  A脳神経細胞損傷がないで、けれども手足のつっぱりがあるなら、それは骨筋末梢神経の問題です。末梢の骨筋の神経が汚血、脂肪、蛋白、毒素、炎症による圧迫による手足のつっぱりなら、蔡クリニックのNAT針療法5−6回で90%が改善している。