message.gif

痒み、アレルギーを、根本的に新しい考え方で治す

yjimage.jpg痒み因子、アレルギー源因子の源は、同類と考えてください。
いわゆる異種の蛋白源とも言えます。
人間はどうしても、異性動物を食べているからです。食べないと大きく成長できません。何十年も食べると、異性蛋白が溜まり、人間の体の邪魔をするのです。
これは矛盾な話です。そうして、すべての人間は、このように生きていくのです。だから、異性蛋白の溜まりにより、アレルギー源と痒みが、必ずついてくるのです。でもこれくらいなら、大した問題はありません。
最も問題になる痒みとアレルギー源は、化学薬品です。
化学薬品も、一種の異性アレルギー源です。これが体内に入ると、結局吸収できません。排泄もできません。結合組織、臓器に溜まり、いつも皮膚の表に出ようとしています。体表近く出ようとする時、体は痒くなり、しかも、色素沈着となります。これが、いわゆる皮膚病の一番大きな犯人です。
もう一つ、体に痒み、アレルギーをおこす物は、シリコンなどのプラスチック製剤。これも、体外に排泄できません。しかも、痒みをおこします。体に色素沈着もする。
このプラスチック製剤は、生活の中のあちこちに存在している。
不意に体内に入ってしまう。
これらは、すべて痒み、色素、沈着の原因です。
要注意!