message.gif

生活習慣病に薬が効かない、その理由は?

 生活習慣とは、三高五高とも言います。
 三高とは、尿酸高、血糖高、血圧高。
 五高とは、血糖、尿酸値、血圧以外に、高脂肪血症、高コレステロール症を合わせて五高といいます。
 実際、厳密に言えば、癌も生活習慣病の一種です。老化も生活習慣病の一種です。すなわち、体の出納帳のアンバランスによるものです。現代社会で皆が注目しているのは、食事の質、食事の味、食事のバランス。その他、運動療法にも特に重視している。
 これらの生活習慣病は、生活習慣を変えなくてはいけません。
 薬や健康食品を飲んで、血圧、血糖値、尿酸値を下げるのは無理な話です。
 体の出納帳を改善しない限り、満タンの薬を飲んでも、この三高五高を下げるのは容易ではないのです。この三高五高を下げる一番早い方法は、体内汚血渋滞症候群を解消することです。この体内汚血渋滞症候群を解消するには、運動と食事療法では時間がかかります。一番早くて、しかもテキメンに効き目があるのは、汚血を取る技術です。この技術を使えば、99.99%三高五高を、10回の施術で下げます。すでに、30年の臨床済みです。