message.gif

痛みの治療

痛みの治療

全世界の大学病院と医師たちの痛みの治療方法が、間違った方向に走っている。

その結果、最期は皆、癌化してしまっている。
 

痛みの原理 :体内に痛みの蛋白が溢れている。それから、細胞、臓器内で増殖していく。

         大きくなると神経を圧迫する。
         この二つの理由が痛みの根本的な理論です。

 


残念ながら、全世界の大学病院の痛みの治療は、鎮痛剤にたより時間が経つと、

皆、癌化してしまう。内臓炎症を起こしてしまう。
東京の蔡内科医院では、すでに痛みの物理的治療を開発し、

40年以上もの臨床実績をあげています。

蔡先生が開発した独自のNAT針療法で痛み蛋白因子を熱で攻撃し、

体内から体外へ痛み因子を吸い取りだす。

まさに、痛みの原理にふさわしい物理的療法である。
4〜5回の治療で、70%の痛みが即効性に効果があり、

痛み蛋白因子と体内の神経圧迫とも消えていきます。

これは、合理的治療法で癌化もせず、

細胞炎症、内臓炎症もおこさない仕組みとなっています。