message.gif

癌の患者で命が欲しいなら、この八仙宝が絶対必要です

 八仙宝がどうやって癌を抑えるのか、そのメカニズムを解明する第一人者である。
 金銭は大切なものですが、命はもっとも高貴なものです。だから、命がほしいなら、現代地球上に残存するものは八仙宝、これしかありません。まず、八仙宝どうして癌に勝つのか説明します。これはすべて蔡先生自身が11か月飲んだ臨床で語るのです。
@ 熊の胆汁:胆汁は人間が生きる一番の要素です。胆汁は肝臓から作られたものです。この胆汁はすべての生きる原動力の基本です。この胆汁の働きがなかったら、体が働かない。肝不全で昏睡になってしまう。命も終了するのです。胆汁の働きが強い人はいつも元気で生きるのです。けれども、強い胆汁の働きは早くて50歳で衰弱しはじめる。だから、癌の芽生えと成長するチャンスが侵入してくる。それで20年たつと、70歳以降は癌が大体stageVとstageWになり一進一退となる。さらに胆汁の働き弱くなると、癌は成長する。それで破壊力が湧いてくる。これは大体癌の成長過程要素です。だから、50歳から八仙宝を飲むべきです。これは胆汁の働きを強化する。それは癌を抑える力です。
A 牛黄も熊胆と同じ働きです。これも絶対に必要な配合です。
B 犀角は炎症をおさめる最高なものです。体力を丈夫する最高のものです。
C 虎骨も体力を強くするのです
D 麝香が血流を流す力が一番よいものです。川、当帰よりも100倍力あるのです。血栓もとるのです。これも最高循環系、心臓病に一番よいものです。認知症、痴呆症にも役に立つものです。血圧も下がるのです。
E 鹿茸は血を作る。体力をつける最高の王者です。牛レバー、豚レバーよりもよいです。
F 伽羅油は脳神経につよく働き、よく睡眠がとれる。熟睡できる。相対的に免疫力が高まる。
G 亀甲羅は体力をつける有力なものです。