message.gif

痒みとアレルギーの病理とメカニズム

 地球に生きている動物は、皮が厚いほど、痒みとアレルギーが少ないのです。その痒みの病理とは、いろいろと医療界が言っているけど、それはすべて信用できません。信用できるのは、中国語の漢字の医理でわかるように、養うという字、養いすぎると、病気になる、なら大体痒みです。これは一番信用できるものです。養うとは、例えばカニみそ、魚卵、白子、内臓、レバー、ホルモンを取りすぎると、大体痒みになります。
 また、最近、化学の進歩につれて、化学薬品とプラスチック製剤を人体の中に入れると、大体が石油の異物ですので、この異物を化学薬として使うと、人間の体内に異物がたまりすぎて、まず痒みが発生します。プラスチックのポリプロピレンの分子量は大きいから、体内に入ると、痒みと痛みが発生します。これは大きな異物になるものです。これらの異物は、例えば、子宮頸部癌ワクチンなどで、体は痛痛病なる。落ち着かなくなる。しかもこれらの異物は、排泄できません。だから、ずっとこの痛痛病になる。
 例えば、鼠径ヘルニア手術で使っているポリプロピレンプラスチック製剤も大きな問題です。ポリプロピレン炎症を起こし、体中悪くなる医療病です。要するに、アレルギー性疾患はすべてこれらの異物、化学薬とプラスチックによるものです。要注意です。