message.gif

人間も生き物ですが

 人間は生き物ですから、生きているうちには、いろんな支障が出るのは当たり前のこと。要するにその症状を即改善できる医療がほしい。決して薬を飲む必要ありません。
 5000年前から今の人間まで、病気なるのは変わりありません。昔も、病気があるときは、ほとんど痛みと痒みだけです。すべてそれなりに、その痛みと痒みを解決するのです。古代四大文明の民族で唯一、中華民族が鍼灸を始め、痛みを治療しました。その他の民族では、痛みと痒みがあるときには、ほとんど家で休養するか、川で洗うか、いろんな手当をするのです。人間は賢いから、マッサージもする。オイルを使って、リラクゼーションもする。いろんな手当をする。最後に温泉療法、meditation療法、座禅療法です。最近200年で、化学薬品が作られ、無理やりに化学薬品を人間に飲ませ、病気、痛みと痒みを治そうとしている。すべて異想天開、怠け者の考えで、化学薬を飲ませる、注射をする。点滴をする。入院させる。手術をする。
 これは、忙しい社会になり、人間が、医師も怠け者になって、いつも化学薬品を飲んで、治そうとしているのは大きな間違です。200年経ち、結局化学薬品の効果がないのに、医療制度も変わり、人間が利を追求するようになり、正義、正しいものはわからなくなった。
 NAT針療法は、1908年ロシアノーベル賞者の理論同様で、痛みと痒みを即改善します。これも蔡クリニックが臨床でやって実証しました。