message.gif

いろんな病を治すには、体内の汚血をとるしかありません

 人類は地球上で生きて今日まで、もちろん皆は生命の繰り返しで生まれて死んでいく、死んでから生きます。歴史が繰り返すと同じように、人間も繰り返す、生と死の輪廻です。


 人間が生きて生活しているうちには、どうしても病気がついてくるのです。

 まず、発熱、寒気、咳き込み、鼻づまり、頭痛、背中痛、腰痛、関節痛、食欲不振、胃がもたれる、頻尿、内臓の炎症、それから体の痒み、皮膚病、湿疹、最終的には癌の発生、脳梗塞、心筋梗塞、認知症、老人性痴呆症などいろんな病が発生しますが、

 

 現代医療研究者はいつも先端化学品を開発して、研究しても、これらの病を本当に治す力はありません。却って、化学薬の副作用が蔓延する。検査はイコール治療ではありません。

 

 外科手術イコール治るではない。いくら検査をしても、病名を見つけるだけ。最終的には上記の病を治す効果ありません。

 

 私も体内汚血渋滞症候群を掃除する治療を確立し、確実に上記のいろんな病を無副作用で改善する。てきめんに治療できます。まったく化学薬などの薬は使いません。


 要するに人間の病は二つしかない。@痛みA痒みとも汚血をとるだけで簡単に治していくのです。これも1908年ロシアの生理学ノーベル受賞者の理論で「あらゆる病気の原因は長期蓄積した汚血、毒血の蓄積によって、この汚血が爆発したときに病気が発生します


 だから、この理論の通りで、この沈着爆発した汚血をとれば、病気の痛みと痒みが即改善していくのです。