message.gif

アトピー性皮膚炎

40歳前後のアトピーが、増々倍増しているのです


 まず、Atopic Dermatitisの病気は、全世界すべての大学病院、ハーバード大医学部、北京医大、東大医、慶応医、台湾大医、上海華山病院、北京301軍病院、ロンドン大とも治すところがない。

 

 原因、理由もわからない、治療方法もないのだ。それを、Atopicといいます。Atopicの意味は,AがつくTopicです。

 

 まったく現代の大学病院専門家たちは、分からないままで、皆がでたらめに乱診・乱療しているわけです。最近の先端薬も、妄想ばかりの専門家・研究者で、異想天開の乱発明乱研究をしている。

 

 ゆえに、アトピーを治す医師はいなく、患者を騙し悪化させるだけです。

 

 私のクリニックでは、もうすでに、全世界で50万人のアトピーを含めた難病を治療しているのです。現在、当クリニックには、香港・シンガポール・マレーシア・上海・北京・インド・フランス・バンクーバ・アメリカ・ロス・台湾から、アトピー患者が毎週約30人、治療にきている。もちろん全日本の北海道から沖縄まで、老人成人のアトピー患者が、来院しています。

 

 当院では、化学薬品を一粒も使わず、真実に治していくのです。その理由は下記の通りです。


@ まず、アトピー患者の痒み痛みは、もともと人間が生活しているうちにこの痒み異物を体内にたまると汚血になり、この汚血が、痒み痛みを発症させるのです。これが、最初の原因です。


A 次に、現代医療の化学薬品をアトピー患者に投与するとき、治ると思って、患者を説得している。

 

 使用する軟膏、ワセリン・保湿剤・ローション・クリーム・馬油・オリーブ油を塗らせるが、3〜4か月使うとますます悪化してしまう。

 

 それで患者は、転々とドクターショッピングをする。ほとんど患者が騙される。

 

 アトピー患者は、現代医療の先端医療を行い、苦しんでいる生活である。

 

 一番の医師が、全世界の一番の薬を使用しても、治らないのはおかしくて、何十年経っても治らない。ますます悪化する。

 

 むしろすべての薬品を使用しないほうが、落ち着く。アトピーの不定愁訴と痒み痛みの苦しさに耐えられないままで、とうとう人格障害と診断されて、可哀そうないきさつとなるのです。


B 実は、アトピーの元凶の一番の犯人は、医師です。

 

 先端化学薬が一番の犯人です。使えば使うほど、増々アトピー症状が悪化していく。

 

 結局最終的には、廃人になってしまう。

 

C 一番治しやすい理論は、体内のアトピー悪因子を体外に吸い出す。

 

 それらは、体から自然排泄できません。

 

 だから、当クリニックが発明したNAT針吸で、汚血化学薬プラスチック異物を吸い取ることです。

 

 もちろん薬害で悪化した患者を治すためには、2〜3年かかります。化学薬に汚染されてない患者なら、半年〜1年。

 

 これは、真実で新しい治療法である。

                 
2019年1月 蔡 篤俊