message.gif

呼吸困難、息苦しい、全身倦怠感の有効な物理療法発表

高齢者、持病者、末期癌、重篤肺炎、長年喘息、肺気腫、重症間質性肺炎、肥満80歳前後者、長期慢性高血圧、糖尿病の70歳前後肥満者などに共通の、

入院して死亡する原因は、すべて体内悪液質、汚血、ウィルスが、

上肺部、上背部に蓄積しすぎて、たまりすぎることにより、もしも入院して点滴投薬したら、

大体2カ月以内で死亡に加速するのです。

 

これらの病気は、悪液質のたまり、ウィルス蓄積なので、現代の西洋式点滴投薬では治療できない。

それで死に加速するのです。一番良い治療法は、体内の悪液質ウィルスを掃除する東京蔡クリニックの40年間の物理療法で、体内悪液質を掃除するだけで、一切点滴投薬、人工呼吸器は必要ありません。
その画期的な最先端的なウィルス悪液質、掃除方法を発表する。

 肺炎患者吸引部位.JPG

 

赤い〇のところは、吸引掃除印です。重篤肺炎は、10回ぐらい施術すると、死亡しないで回復する。

以上のケースの患者はすべて点滴投薬は必要なしで、病態は回復するのです。